塾の先生が英語で子育て!

塾を9教室経営しながら、2018年から英語育児を開始。一人娘のためにと英語に目覚め、英語で子育てに奮闘中!娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介!~毎日AM6:30に新しい記事を配信しています~

テストの効果的な振り返り方~やるべきこと、やってはいけないこと~

f:id:jukupapa:20191126213541p:plain

塾を運営していると生徒、保護者の方からテストの振り返りについてよくご相談を頂きます。

 

皆さんはテストが返ってきた後に振り返りをしていますか。

テストの振り返り=反省会になっていませんか。

 

テストを振り返る目的のひとつは、次回のテストでいい点を取るための戦略を立てることだと思います。

 

 

生徒の声

生徒からよく聞くのは、テストを親に見せたら怒られたという感想です。

生徒から聞く情報なので実際はどうかわかりません。

 

ただ、実際はどうであれ親に怒られたと思っている生徒は多いようです。

親にテストを見せたがらない生徒もいます。

 

子を持つひとりの親として、怒りたくなる気持ちも理解できます。

親子だとどうしても感情的になりやすいですね。

テストの振り返りは親にとっても大変なことだと思います。

 

しかし、テストの振り返りをするためには、親が客観的で冷静でいることが前提として求められます。

感情的になってしまえば、振り返りをしたこと自体が逆効果になります。


テストを振り返るときにもっとも重要なことは、振り返りをすることでお子さまが勉強を頑張ろうと思えることです。

 

その頑張ろうと思える気持ちを、具体的な行動へ導くことができれば、次のテストの結果は変わってきます。

 

 

テストを見て親が始めにするべきこと

どんなに悪いテストでもほめるところは必ずひとつはあります。

まずは良かったところを見つけ、ほめることを始めにしてください。

 

前回のテストと比べて良かったことや、テスト前の取り組んでいた様子などもほめて、お子さまの行動を認めてあげて下さい。

 

ほめることは親が子どもに対して、親が見ている、関心があるということを伝える手段でもあります。

 

効果的なほめ方は、「ずごいね」「がんばったね」「点数が良かったね」よりも「〇〇ができるようになったね」「いつもより学校の問題集をやっていたね」など具体的な言葉で、取り組みについてほめることがポイントです。

 

そして、指摘する必要がある場合は事実だけを見ること(伝えること)です。

親子で振り返りをする場合、どうしても気持ちや感情がこもってしまいがちです。

感情を言葉に込めず、情報として伝えることを意識します。

 

また、指摘することは1つか2つに絞って、短く伝えると効果的です。

多くなればなるほど、子どもは聞く耳を持たなくなります。

 

自分自身で振り返る場合も、できなかったことばかりに目を向けると、モチベーションが下がります。

振り返りはダメなところを探すことではありません。

良かったことを見つけることが一番重要です。

前回の自分と比べて良かったところを必ず探すようにしましょう。

 

テストのどこをみるか

テストの振り返りで具体的にみるポイントは大きく3つに分けられます。 

点数の落とし方

ケアレスミスをしていないか。
問題文の読み間違いがないか、途中計算や途中式を確認し、ミスをしないように具体的な対策をとります。

 

ケアレスミスをなくす方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com


②間違えた問題は「わからない問題」かそれとも「見たことはあるけれど忘れてしまった問題」かを分ける。


「わからない問題」の場合は、まず使用した問題集と同じ問題があるかどうかチェックし、同じ問題がなければ、その問題の解き方を覚えて下さい。


同じ問題があれば、練習不足が原因です。

次回のテストに向け、練習量を増やす必要があります。

 

「見たことはあるけれど忘れてしまった問題」の場合も練習不足が原因です。

次回のテストに向け、練習量を増やす必要があります。


③時間は足りていたか。
時間が足りない場合は、普段の学習からスピードを意識して学習しましょう。

 

また、テスト当日はできる問題からやり、問題を見てすぐに回答できない問題と時間がかかりそうな問題は後回しにし、まずは最後まで問題をやるようにしましょう。

 

テストの出題傾向

問題集からよく出題されるのか、配布したプリントから出題されるのか、それとも教科書かなど、先生のテストの作り方にも特徴があります。

その特徴を知ることができれば、効率よく勉強することができます。

 

実際のテストを使って分析をしてみました。

こちらの記事で公立中学校の数学テストについて詳しく分析した結果をご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

次はどのように取り組むべきか

次回のテストまでどのように行動するのか具体的に考えることが重要です。


親子で振り返りをするときに注意することは「子どもが自分で決めること」です。

「次は〇〇しようね」と指示をするよりも「次は〇〇したらどうかな」と提案をして下さい。

また「次はケアレスミスをしないようにするためにはどうする?」と問いかけ、本人に考える機会を与えて下さい。

質問をしても答えられない場合は提案をしていきましょう。

 

そして最後は子ども自身に決めてもらうようにします。

 

振り返りシート

私が運営している塾では、中学生、高校生の全員と、テスト後の振り返りをひとりずつ一緒にしています。

中学生には事前に下図のシートを記入してもらい、今回ご紹介した観点で一緒に振り返りをしています。

f:id:jukupapa:20191126212115p:plain

このシートを使いながら対話をする中で、中学生の間にしっかりと振り返りの仕方を身につけてもらいます。

 

一番初めの振り返りはこちらが話すことが多いです。

学年が上がるごとに。

一緒に振り返りをする回数が上がるごとに。

生徒が話すことが多くなっていきます。

 

振り返りの中で、こちらは抜けている観点を補足し、あいまいな行動目標は具体的な行動目標になるように促します。

 

高校生の場合はこのシートは使わず、どのように振り返ったか、次はどうするかを聞いていきます。

 

高校生には中学生の間に身に付けた振り返りの仕方を、自分で実践してもらい、振り返りがしっかりできているかをチェックしていきます。

 

生徒と一緒にテストの振り返りをする目的

生徒と一緒にテストの振り返りをする目的は2つあります。

短期的な目的はテストの点数を上げることです。

長期的な目的は自分でテストの振り返りができることです。

 

テストを正しい方法で振り返ることは、自分の行動を客観的に把握し、目標までの自分の行動を組み立て、実行する力を養うことに繋がります。

 

この力は自分を成長させ、自分の人生を自分が思い描いたようできる可能性を高めてくれます。

 

最後に

振り返りをするには技術が必要です。

振り返りの仕方は学校でも詳しく教えてもらうことは少ないと思います。

 

やみくもに振り返りをすると、どうしても過去のことに目がいきがちです。

「こうしたらよかったのに」「なんでやらなかったのか」「ちゃんと練習したのか」など、そう考えることは意味がないことではありませんが、過去の行動を変えることはできません。

 

振り返りで大切なことは過去のことは事実だけを確認し、未来のこと(これからのこと)に目をむけ、「次はどうする?」を考え、自分で決めることです。


そうすることで、振り返ったことが次の行動につながりやすくなります。

そして、行動が変われば結果も変わってきます。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

  

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

おすすめのシリーズ英語絵本~娘と1年間で英語絵本200冊読了!~

f:id:jukupapa:20191125204925j:plain

 我が家では英語育児として3つの取り組みをしています。

 

①英語での語りかけ

英語絵本の読み聞かせ

③英語のテレビ番組を活用

 

2018年から3歳の娘に英語育児を始めて、1年間で約200冊の英語英本を娘と読みました。

 そのなかでおすすめのシリーズ英語絵本をご紹介します。

 

シリーズになっている絵本は子どもが気に入ればどんどん買い足すのが楽なのでおすすめです。

その中でも、今回紹介させていただく英語絵本はすべて数冊の本がセットになっているものです。

そのため1冊あたりの価格が控えめな点がうれしいです。

英語絵本はセットのものが多いので、費用を抑えながらたくさんの英語絵本を購入できます。

 

 

①I can read! シリーズ My First Reading

Pete the Cat's Super Cool Reading Collection

Pete the Cat's Super Cool Reading Collection (My First I Can Read)

Pete the Cat's Super Cool Reading Collection (My First I Can Read)

 

 

1ページ当たりの文字数

少ないページで3文字

多いページで32文字

 

特徴

「pete the cat(ねこのピート)」についての本が5冊入っています。

「pete the cat」は2008年に初版がアメリカで発行された絵本です。

 

現在60種類以上が発行されているアメリカで人気のシリーズです。

下記Webサイトでは英語の歌と動画を見ることができます。

www.petethecatbooks.com

文章も読みやすく、英語絵本によくある「とっつきにくさ」もありません。

ストーリー性のある英語絵本を読みたいと思ったときに、初めに読むシリーズとしておすすめです。

 

「cool」という表現も多く使われ、主人公の「pete」はスケボーやサーフィンもします。

内容も面白く、大人読んでも面白みを感じられると思います。

設定も日常を描いた内容なので、子どもでもわかりやすい内容です。

こちらのセットは2004円で購入しました。

 

娘の反応

 初めは反応がいいとは言えませんでしたが、何冊か読んでいくうちに面白さがわかったようで、何度でも読んでくれるようになりました。

今ではお気に入りのシリーズのひとつです。

 

②I can read! シリーズ My First Reading and Level 1

Pete the Cat's Giant Groovy Book: 9 Books in One

Pete the Cat's Giant Groovy Book: 9 Books in One (My First I Can Read)

Pete the Cat's Giant Groovy Book: 9 Books in One (My First I Can Read)

 

 

1ページ当たりの文字数

少ないページで1文字

多いページで28文字

 

特徴

1冊の本の中に9話のストーリーが入っています。

文章の難易度は①のセットより少し難しいかもしれません。

設定は「pete」が騎士になるなど、少し複雑になってきています。

始めに①のセットを読まれてから読むと理解しやすいです。

1884円で購入しました。

 

娘の反応

①のセットを何回も読んだ後に購入したので 、すんなりと読んでくれました。

歯の妖精が出てくるなどアメリカらしい設定もあり、興味をもってくれました。

 

歯の妖精とは

アメリカでは歯が抜けると、枕の下に抜けた歯を置くそうです。

すると、夜寝ている間に歯の妖精が歯をもらいに来て、コインと交換してくれるそうです。

 

③Bright and Early Booksシリーズ Beginning Bigineers

The Big Book of Berenstain Bears Stories

The Big Book of Berenstain Bears Stories

The Big Book of Berenstain Bears Stories

  • 作者: Stan Berenstain,Jan Berenstain
  • 出版社/メーカー: Random House Books for Young Readers
  • 発売日: 2016/09/06
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

1ページ当たりの文字数

少ないページで1文字

多いページで33文字

 

特徴

1冊の本の中に7話のストーリーが入っています。

「The berenstains bears」というアメリカでは昔からあるシリーズのキャラクター絵本です。

アニメにもなっています。

結構古いシリーズのようで少し文章に古めかしさを感じるときもあります。

「pete the cat」文章の雰囲気が全然違います。

そこも面白さのひとつではあります。

 

Youtubeの公式チャンネルもあります。

www.youtube.com

 

文章の難易度は「pete the cat」と文章量は同じですが、表現が古い部分は少しわかりにくいかもしれません。

2026円で購入しました。

 

娘の反応

同じシリーズの本を読んだことがあったので、すんなりと呼んでくれました。

繰り返し表現も多いので、表現の真似がしやすいようです。

 

 

④Green Light Readers シリーズ  Level 1

Reading Fun with Curious George Boxed Set

Reading Fun with Curious George Boxed Set (CGTV reader boxed set) (Green Light Readers Level 1)

Reading Fun with Curious George Boxed Set (CGTV reader boxed set) (Green Light Readers Level 1)

 

 

1ページ当たりの文字数

少ないページで9文字

多いページで45文字

 

特徴

Curious Georgeおさるのジョージ)」についての本が6冊入っています。

Curious George」のテレビシリーズの内容に合わせた英語絵本です。

原作絵本「Curious George」のジョージとは少し絵のタッチが違います。

 

現在「Curious George」はNHK Eテレで放送されています。

音声設定を変えると英語で見ることができます。

英語字幕は出ません。

www6.nhk.or.jp

 

DVDが発売されており、こちらだと英語字幕を出すことができます。

おさるのジョージ  DVD-BOX1

おさるのジョージ DVD-BOX1

 

 

文章の難易度は、アニメとは裏腹に難易度は高いです。

文字数が多く、ジョージは話せないので、ナレーションなどジョージの動作の説明文が多いのが特徴です。

1149円で購入しました。

 

原作絵本のセットも購入しましたが、文章の難易度はアニメ版の方よりも難しく感じました。

Curious George Around Town Boxed Set (Box of Six Books)

Curious George Around Town Boxed Set (Box of Six Books)

 

1416円で購入しました。

 

娘の反応

テレビで先に「Curious George」を見ており、ジョージが大好きだったので、多少文章が長くても読んでくれました。

 

原作絵本のセットも今は読んでくれますが、このセットを購入したのは、英語絵本読み聞かせを始めたばかりの頃でした。

そのため、初めはほとんど読んでくれませんでした。

興味があるものでも娘の英語レベルに合わせることの方が大切だということを学びました。

 

⑤Green Light Readers シリーズ  Level 1

Curious George Storybook Collection

Curious George Storybook Collection (CGTV)

Curious George Storybook Collection (CGTV)

 

 

1ページ当たりの文字数

少ないページで4文字

多いページで95文字

 

特徴

1冊の本の中に8話のストーリーが入っています。

文章の難易度は④と同じものが2つと、難しいものは6つ入っています。

1243円で購入しました。

 

娘の反応 

ジョージが好きなので、この本も読んでくれました。

集中力が続かないときは、途中でやめてしまうこともありますが、徐々に読み切れることが多くなってきています。

 

英語絵本は「Leveled readers」がおすすめ

今回ご紹介した英語絵本の種類は、英語ネイティブの子ども用に作られた「Leveled readers」という小さな子供でも読みやすいようにレベル分けされたものです

 

「Leveled readers」はいろいろな種類があり、レベル分けがされているので、本人の興味と英語レベルにあったものが探しやすいです。

 

ただ、「Leveled readers」はシリーズによってレベル1と表記してあっても1ページ当たりの文字数が全然違うことが多いです。

 

今回ご紹介した本でも「Curious George」のレベル1はどのシリーズと比べてもレベルが高いです。

主観ですが他のシリーズのレベル3~4相当と感じています。

購入する時は文字数や内容をある程度確認してから購入することをおすすめします。

 

英語絵本「Leveled readers」でもっとも人気のある「Oxford Reading Tree」についてこちらの記事でご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

英語絵本の購入方法について

我が家では英語絵本の購入は基本的にはAmazonで購入しています。

 

書店で買うよりも安いことが多く、種類も豊富なのでおすすめです。

ただ、英語絵本や洋書は値段が結構変わるのでご注意ください。

 

アメリカやイギリスのAmazonで購入した方が安い場合もあります。

実際に購入したものや購入方法についてこちらの記事でご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

他の娘の反応が良かった英語絵本

このほかにも娘の反応の良かった本はこちらの記事でご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

こちらの記事はディズニープリンセスが出てくる絵本がセットになったものをご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com32

 

最後に

英語は親子で楽しみながら学習ができます。

 

英語絵本の読み聞かせは子どもにも効果的ですが、読む大人も英語力がUPします。

私も初めは英語絵本を読むのがたどたどしかったのですが、だいぶすらすら読めるようになってきました。

 

毎朝娘と楽しく絵本を読んでいます。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆さまのご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

ビジネス英語を学びたいけど何からやればいいかわからない人におすすめ~入門ビジネス英語~

f:id:jukupapa:20191125185412j:plain

 仕事で英語が必要になってきた。

時々、会社に外国人から電話がかかってくる。

英語を使う仕事をしてみたい。

などなど。

 

ビジネスで英語を使う機会が以前より増えてきました。

 

でも、そもそもビジネス英語って何?

なにからすればいいの?

と悩まれるのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめの学習法を紹介します。

 

 

 

ビジネス英語とは

そもそもビジネス英語という英語は存在しません。

日常英会話の延長に、仕事で英語を使うことがあります。

 

一般的なビジネス英語の本には、難しいビジネス用語や表現が載っていたり、ビジネスで使っては失礼な表現が載っていたりします。

これらの用語や、表現は知って損になることはありませんが、必ず知っていなければならないものではない場合がほとんどです。

 

英語を日常的に使っている人口は約15億人と言われています。

そのうち英語ネイティブの割合は約25%で、わたしたちに日本人のように第二言語として英語を使っている割合は約75%です。

 

業種や、働く地域にもよりますが、ビジネスで英語を使う場面でもほとんどが、非ネイティブの方がほとんどということです。

 

ビジネスで英語を話すときに、もっとも重要なことは、ビジネス用語を駆使して話すことではありません。

簡単な表現で、分かりやすく、誤解のない様に英語を使うことがもっとも重要です。

 

実際、日本人同士で、日本語でビジネスをする上でも、難しいビジネス用語を使って話すことよりも、分かりやすく、誤解のない様に話すことが重要ではないでしょうか。

 

英語の場合も全く同じです。

 

ビジネスで英語を使う上でも、まずは日常英会話から始め、ビジネスのシーンを想定した話し方、伝え方を練習します。

 

英会話を学ぶ前に読んでおきたい本

まずは日常英会話から始めたいと思われた方は、「 難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」を読まれることをおすすめします。

 

この本は日本人が英会話をするために知っておくべきことが凝縮されています。

英会話に難しい英語は必要ない。

中学校でならった英語でも十分に英会話ができるということがわかるはずです。

 

そして、なにより著者の一人であるスティーブ・ソレイシィさんの英語に対する考え方は、日本人が英語を話すことに対して抱いているためらいや恥ずかしさ、コンプレックスを和らげてくれます。

 

ビジネス英語についても解説されており、日常英会話をいかにビジネスで使える英語にしていくかもわかりやすく書かれています。

 

まずは「入門ビジネス英語」を聞いてみよう

簡単な英語を使ってビジネスで使える表現を学ぶためにおすすめの方法はNHKラジオ「入門ビジネス英語」を聞くことです。

 

講座内容

この講座は1回15分間で、週2回放送されています。

 

20年にわたる海外駐在経験を持つ柴田真一先生とアメリカ出身のケリー・エリザベス・ホールウェイさんが講師を務めています。

 

柴田真一先生のやさしい声に癒されます。

はじめ俳優の谷原章介さんかと思いました。

 

放送内容は、今日の概要を説明した後に、ビジネスシーンを想定した場面の会話文は放送されます。

その後、日本語での解説、同じ状況で使える他の表現、ビジネスで英語を使うときのコツなどが紹介されます。

 

ビジネスで英語を使うときのコツについては、英語だけでなく、日常のビジネスでも役に立つ内容になっています。

例えば、プレゼンのコツや、仕事を依頼するときのコツなどを紹介してくれます。

そのため、これから就職を控えた学生や、若手ビジネスパーソンにも聞いてもらいたい内容です。

 

英語レベル

中学校で習う内容をある程度理解できていれば受講していけます。

単語がやや高校レベルのものが多いですが、同じ単語が何度も出てくるので、聞いていくうちに覚えていけます。

 

この講座は簡単な言い回しでビジネス英語を話すこと焦点が当てられています。

そのため、学生でも十分受講できます。

 

放送時間

放 送:月・火曜日 午前9:15~9:30

再放送:同日 月・火曜日 午後0:40~0:55/午後11:20~11:35

再放送:土曜日 午前10:30~11:00(2回分)

1週間に15分×2回分の内容が放送されます。

 

スマートフォンアプリ、Webサイトでは先週分の放送がいつでも好きな時に聞くことができます。

毎週月曜の10時に放送内容が更新されます。

 

テキストの使い方

テキストなしでも進めることは可能ですが、テキストがある方が学習効率もよく、英語の習得もしやすくなります。

講座の内容が難しいと感じられる場合はテキストを事前に目を通したうえで放送を聞かれることをおすすめします。

 

過去の放送を聞きたい場合や4月の内容から学習したい場合は、年度ごとに内容が新しくなるので、ちがう年度の内容は聞き返すことができません。

 

しかし、同じ年度内であればCD付きのテキストをAmazonで購入できます。

音声ダウンロードサービスもあります。

 

Amazonではkindle版もあるので、スマートフォンひとつで完結するのでおすすめです。

ラジオで聞くのが大変な場合は、 音声CD付きや、音声ダウンロードチケットなどの活用がおすすめです。

 

始める時期について

各講座はすべて4月スタートです。

ですが、途中から始めても大丈夫なように構成されていますので、いつからでも始められます。

 

英語を伸ばすために一番重要なことは継続することです。

入門ビジネス英語は一回が15分で週2回放送のため、続けやすいことも大きな魅力です。

 

私はNHKラジオを朝の身支度をするときや移動中に聞いています。

私にとっては一番続けやすい英語学習のひとつです。

 

練習した結果

私は「入門ビジネス」を受講しているうちに、ビジネスでも英語を話すことはそんなに難しいことではないと感じされるようになりました。

 

聞き始めた頃よりも、分からない単語も少なくなり、片手間で聞いていても内容が理解できるようになってきています。

 

また、表現の仕方や、海外でのビジネスの慣習なども紹介されているので、楽しみながら続けることができています。

 

NHKラジオについて

NHKラジオ英語講座は、英語初心者からビジネス英語までさまざまなレベルの受講者に向けた講座があります。

 

講座の時間は15分が基本で中には5分、10分といった講座もあります。

今回ご紹介している「入門ビジネス」の1回の放送時間は15分です。

 

講師は日本でも英語教育においてトップクラスの講師が担当しており、内容もとても充実しています。

 

しかもラジオだけなら費用は掛かりません。

毎月テキストを購入したとしても500円もかかりません。

 

私も始めはラジオは聞かないから続けにくいなと思っていたのですが、スマートフォン用の無料アプリがあり、これを使えば先週分の放送を好きな時に、好きなだけ聞くことができます。

www2.nhk.or.jp

 

インターネットでストリーミング再生もしています。

www2.nhk.or.jp

 

そのため、合間の時間に聞くことが可能で、毎日の生活の中にも取り入れやすくなっています。

 

他のおすすめ講座

「入門ビジネス英語」以外のおすすめ講座については下記の記事で紹介しています。

 

「英会話タイムトライアル」

先に紹介したスティーブ・ソレイシィさんが講師を務める講座です。

ラジオでスピーキングの練習かできる講座です。

中学レベルの単語でも英会話ができるように構成されています。

jukupapa.hatenablog.com

 

「エンジョイシンプルイングリッシュ」

放送時間が5分と短く、継続しやすい講座です。

多読、多聴ができる講座で5分間のほとんどが英語です。

中学校の内容が理解できれば十分聞いていけます。

jukupapa.hatenablog.com

 

「ラジオ英会話」

NHKラジオの看板番組です。

内容が面白く、苦なく続けることができます。

私も毎週聞くのを楽しみにしています。

こちらも中学校の内容が理解できれば十分聞いていけます。

jukupapa.hatenablog.com

 

ラジオはちょっと苦手という方には

ラジオが苦手な方は、「入門ビジネス英語」の講師柴田真一先生の本をおすすめします。

 

NHK CD BOOK 入門ビジネス英語 10億人に通じる! やさしいビジネス英会話

NHK CD BOOK 入門ビジネス英語 10億人に通じる!  やさしいビジネス英会話 (語学シリーズ)
 

 2015年度NHKラジオ「入門ビジネス英語」の内容を再構成した1冊です。

2019年度放送の内容とレベル、構成は似ているので、ラジオで試し聞きして良ければ購入されてもいいと思います。

 

最後に

英語は楽しみながら学習することができます。

NHKラジオも楽しみながら取り組むことができます。

 

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

ぜひご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

英語が苦手な生徒の共通点 

f:id:jukupapa:20191116214928p:plain

 

英語の勉強と聞くと単語の暗記、文法問題に長文読解。

難しい、理解できない、聞きたくない。

というイメージはありませんか。

 

今まで個別指導で1000人以上の生徒と関わってきました。

英語が苦手だと思っている生徒にもたくさん出会ってきました。

そんな生徒たちにはいくつか共通点があります。

 

この記事ではその中の2つをご紹介します。

英語が苦手と漠然と思っていても、英語は苦手なままです。

英語が苦手な原因を把握し、解決すれば英語は苦手でなくなる生徒が多いです。

実際多数の生徒が、英語の苦手意識を克服し、英語ができるようになっています。

 

 

①暗記が苦手だと思っている

1つ目の共通点は暗記が苦手だと思っていることです。

 

学校のテストでは、実際に英語の文章を書く必要があります。

そのため、いくら文法が分かっていても英単語が書けないと点数が取れません。

 

そして、英単語などが覚えられていない理由を、暗記が苦手だと思っているお子さまが非常に多いです。

 

これは他の教科にも言えます。

暗記が苦手だと思っているお子さまのほとんどは、練習量が少ないことが原因です。

一回二回練習して覚えられないことを、苦手だと思っている場合が多いです。

 

日本語ならまだ母国語なのでなじみやすいですが、英語は日常で触れる機会も少ない中、すぐに覚えられなくて当然です。

 

暗記が苦手だと思っているお子さまでも、好きなことだとすぐに覚えられるはずです。

暗記の仕方にはコツがあります。

なかなか覚えられない大きな原因は、やり方やコツを知らないことはもちろん、暗記が苦手と思っていることと、練習量が圧倒的に足りていないことです。

 

私自身の経験

私自身も英語が苦手、暗記が苦手と思っていました。

実際、中学2年生になるまで「student」も書けませんでした。

中学1年生の終わりの成績も数学だけ4であとはオール3。

 

そして、中学1年生の春休みから勉強し始めました。

私は集団行動が苦手なので塾には行きませんでした。

母と2人三脚で勉強をスタートしました。

 

始めは覚えてもすぐ忘れてしまいました。

10個の単語を覚えるのに1時間以上もかかりました。

そして、1時間以上かかって覚えた単語も次の日にはきれいに忘れていました。

 

しかし、あきらめずに練習を続けることでだんだん覚えられるようになり、中学2年生の最後には成績も数学が5であとはオール4になり、中学3年生の時には副教科を含めて全教科オール5を取ることができました。

 

 

私のように暗記が苦手でも、暗記はできるようになります。

暗記は技術です。

練習すればだれでも伸ばすことができます。

 

暗記のコツ

暗記のコツは2つあります。

①テストをしながら覚える。

②繰り返しテストする。

 

テストをしながら覚える。

英単語を覚える時に、ひたすら書いて覚えていませんか。

書くことは大切ですが、自分でテストをしながら覚えると効果的です。

 

具体的には、「英単語を書く→書いた英単語を隠し、もう一度英単語を書く」の手順で練習します。

書き続けるのではなく、書いたものを隠して、見なくても書けるかテストしているように練習していきます。

このようにするだけでも暗記のしやすさは変わります。

また、どの教科でも音読をしながら書くと効果が高まります。

 

テストをする個数を増やしていく

「10個覚えて、10個テストをする。また新しい10個を覚えて、10個テストをする」このようにテストをしていませんか。

この方法でテストをすると、暗記の容量を増やすことができません。

 

「10個覚えて、10個テストをする。また新しい10個を覚えて、始めの10個と合わせて20個テストをする」このようにテストをしてみて下さい。

そして、30個、40個とどんどん増やしてください。

 

どんどん増やしてくと、どこかのタイミングで覚えた単語の間違いが増えてきます。

間違え出したタイミングが、今の自分の暗記の容量です。

そこで、覚えられるまでしっかり暗記することで、暗記の容量を増やすことができます。

 

何度か100~200をまとめてテストしても間違わないようになれば、暗記の容量が増えてきているので、一度にテストする単語量を減らしてもかまいません。

 

必ず、何度かは100~200をまとめてテストする練習をして下さい。

始めは大変ですが、これができるようになれば暗記力はかなり身に付くので、それ以降の勉強の効率は格段に上がります。

 

暗記の方法を含めた科学的勉強法については 「だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法」でもご紹介されています。

この本はあとがきも入れて95ページと薄く、生徒でも読みやすい内容になっているのでおすすめです。

だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法

だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法

 

 

作者の池谷裕二さんは脳科学を基にした勉強法についての本を多数出版されています。

「受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法」にはより詳しい解説が掲載されています。

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法 (新潮文庫)

 

こちらの本については、心理学ブロガーのゆうひさんの記事でも詳しくご紹介されています。

www.mental-imposter.com

ゆうひさんありがとうございます。

 

②日本語の理解力不足

2つ目の共通点は日本語の文法や表現が理解できてないことです。

 

英文法が理解できない大きな原因のひとつは、日本語の文法や表現が理解できていないことです。

たとえば現在進行形を日本語で表わすと「~している」ですが、英語の現在進行形が理解できていないお子さまの多くは、日本語の「~している」と「~する」の違いが分かっていません。

 

その場合に英語の進行形の説明をしてもほとんど効果はありません。

まずは日本語での進行形の意味を理解することで、英語の進行形の意味が理解できてきます。

 

英語の理解には日本語の理解が重要です。

 

ある生徒の例

塾に通って来て下さっている中学2年生のある生徒がいます。

その生徒は小学校に上がるまでの3年間インターナショナルプリスクールに通っていました。

そして、小学校6年間、週1回、ネイティブの講師とマンツーマンレッスンを受けていました。

 

これだけの取り組みをしていれば、英語が得意になるように思います。

しかし、塾に来る中学1年生の2学期期末定期テストでは、英語も含め全教科平均点以下でした。

 

その生徒の成績が取れない原因は、日本語の理解力不足でした。

会話をしていていても、時々、的外れな答えをするときもありました。

 

その後、その生徒は一緒に勉強に取り組む中で、日本語の理解力が上がってくるのと並行して、テストの点数も上がり、各教科70点前後を取れるようになって来ました。

80点以上を取るのも、あともう少しのところまできています。

 

日本語の理解力を伸ばすことで、英語を含めた全教科を伸ばすことができます。

英語の理解力は、日本語の理解力に比例します。

 

日本語の理解力を伸ばす方法

 

日本語の理解力を伸ばすには、まず文章を読むことについて理解する必要があります。

文章を読む場合に文字だけを読んでいる場合と、考えながら読んでいる場合があります。

考えて読む癖をつけることで日本語の理解力を伸ばすことができます。

 

詳細はこちらの記事をご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

 

英語育児をするときは、日本語にも力を入れる

昨今、英語育児が年々盛んになってきているように感じます。

書くいう私も英語育児に取り組んでいます。

 

子どもをバイリンガルに育てたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、脳科学分野での調査で、ネイティブと同じように2カ国語を扱えるためには、両親のどちらかが英語ネイティブである必要があるという結果があります。

両親ともに日本人だが、英語圏で生まれ育った人たちで、流暢に英語が話せたとしても、脳の活動領域をみると両親のどちらかが英語ネイティブである人たちの脳の活動領域とは異なるそうです。

 

詳細な調査内容については「科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!」をご覧ください。

 

つまり脳科学的に効果的な早期学習は、生まれる前から必要であるということです。

日本に生まれ、日本人の間に生まれた以上完全なバイリンガルにはなれません。

 

ただ、バイリンガルのように流暢に話せるようになることはできます。

そうなるために、早期学習にこだわる必要はないということです。

いつからでもバイリンガルのように流暢に話せるようになることはできます。

ただし、発音については諸説あります。

 

日本で生まれ、日本人の間に生まれた場合、英語はしっかりとした日本語の理解力があってこそ伸ばすことができます。

英語育児をするためには、十分な日本語の理解力を同時に養っていく必要があります。

 

最後に

英語が苦手だと思っている方は、この2つのどちらが原因の場合がほとんどです。

英語ができないから英語の問題集をするだけでは、英語ができるようにならない場合があります。

 

まずは、自分の英語が苦手な理由を把握しましょう。

原因が分かれば、対策を取ることができます。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com