塾の先生が英語で子育て!

塾を9教室経営しながら、2018年から英語育児を開始。一人娘のためにと英語に目覚め、英語で子育てに奮闘中!娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介!~毎日AM6:30に新しい記事を配信しています~

オンライン英会話での講師の選び方~日本人講師、ネイティブ講師、フィリピン人講師、それぞれの特徴~

f:id:jukupapa:20191017205908j:plain


現在、オンライン英会話を週2回×25分受講しています。

 

今後受講を検討される方の参考に、

受講して分かったことをお伝えできればと思います。

 

今回は講師についてご紹介したいと思います。

 

オンライン英会話で講師の方は大きく分けて

日本人講師

ネイティブの講師

フィリピン人講師

の3タイプがあります。

 

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

 

日本人講師

良い点

日本語が話せるので、困ったときに日本語が使える。

英語を習得して話せるようになっているので、

つまずきやすいポイントが分かる。

 

悪い点

英語力が講師によってばらつきがある。

費用が高い。

 

 

ネイティブの講師

良い点

ネイティブの発音、言い回しを学習できる。

高い英語力。

 

悪い点

費用が高い

英語を自然に習得しているので、

つまずきやすいポイントが分からない場合がある。

 

 

フィリピン人講師

良い点

英語を習得して話せるようになっているので、

つまずきやすいポイントが分かる。

 

2013年の調査で

78ヶ国137,000人の非ネイティブの英会話者を対象にした

ビジネス英語力世界ランキングでフィリピンが1位。

そのため、英語力の平均値は高い。

 

費用が安い。

 

悪い点

英語力が講師によってばらつきがある。

講師によっては訛りがある。

 

 

それぞれ特徴がありますが、

講師を選ぶ際に、

日本人、ネイティブ、フィリピン人

のどれであるかは、

あまり重要ではない

ように思います。

 

日本人だから、ネイティブだから、フィリピン人だから

よりも、

講師ひとりひとりの

指導力、英語力、パーソナリティ

の方が重要

だと思います。

 

強いて言えば、初心者は日本人、

もしくは日本語が話せる外国人であると安心かもしれません。

 

講師を選ぶ場合で重要なポイントは3つです。

指導力

英語指導経験がある

分かりやすい

 

②英語力:

指導資格を持っている

英語についての知識がある

 

③パーソナリティ:

話しやすい

信頼できる

 

オンライン英会話の講師と言っても、

レベルは千差万別です。

 

外国人だからというだけで

オンライン英会話の講師をしている場合もあります。

 

話せることと教えることは別物です。

 

仕事柄、塾の講師採用に携わっていますが、

講師を採用する際にも重要なのはこの3つです。

 

学力はもちろん必要ですが、

指導力やパーソナリティが十分でなければ

生徒に信頼してもらえる講師になるのは

難しいと感じています。

 

生徒と信頼関係を作れないと

いくら良い授業をしても

受け入れてもらえません。

 

そのため、オンライン英会話の講師も

英語で会話をする(できる)だけでなく、

発音や表現などしっかり指摘し、

受ける側の英語力を伸ばせる指導力

受ける側が講師を信頼できる

パーソナリティが必要だと思います。

 

私の塾でもオンライン英会話を導入しています。

講師については生徒に授業を受けてもらう前に、

英語力、指導力、パーソナリティを確認し、

必要があれば一度事前に授業を受けて、

生徒に合うかどうかを判断してから

生徒に授業を受けてもらっています。

 

特に小学生低学年など学年が低い生徒の場合は、

子どもの扱いに慣れているかどうか、

子どもが集中できなくても根気よく対応してくれるか

なども確認しています。

 

指導力やパーソナリティは英語力のように数値や資格などで

客観的に測ることができないので判断しにくいですが、

講師を判断するうえで重要な要素だと思います。

 

またオンライン英会話は

講師の自宅もしくは講師が出勤するオフィス

オンラインで接続する場合が多いです。

 

回線の安定性を考えた場合は、

オフィスとオンラインで接続する会社がおすすめです。

 

また講師の質を考えた場合にも、

講師がオフィスに集まって仕事をしている方が

意思疎通のしやすさや指導ノウハウの共有もしやすいはずです。

 

実際、私が受けているオンライン英会話では

ベテラン講師が新人講師の指導役をしていると

講師の方が教えてくれました。

 

講師選びはこだわりやりだすと時間もかかります。

講師を選ぶことに時間を使うよりも、

まずは何人か受講してみて、英語力、指導力、パーソナリティの

3つの要素で判断して決めることをおすすめします。

 

 次回は授業の内容について書いていきます。

下記記事をご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

 これまでの記事はこちらをご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

 

ご覧ください。

 

 

私の1年間オンライン英会話をやった結果については

こちらの記事をご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

 

また、オンライン英会話をするときに、

私が一緒に使っている無料アプリがあります。

せひこちらの記事もご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com