塾の先生が英語で子育て!

塾を9教室経営しながら、2018年から英語育児を開始。一人娘のためにと英語に目覚め、英語で子育てに奮闘中!娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介!~毎日AM6:30に新しい記事を配信しています~

娘に英語で語りかけ!~1年取り組んで実際に使い易かった英語フレーズ集~

f:id:jukupapa:20191019205148j:plain

我が家では英語育児として3つの取り組みをしています。

 

①英語での語りかけ
英語絵本の読み聞かせ
③英語のテレビ番組を活用

 

2018年から3歳の娘に英語育児を始めて
毎日英語で語りかけをしています。

 

語りかけは全部の会話を英語ではしていません。


初めは1つ2つのフレーズから使い始め、
会話の一部を少しずつ英語に変えて

いっています。

 

初めは

毎日する動作を

英語にすると使いやすいです。


いきなり英語で全部話そうとしたら子どもが困った顔をしました。

 

1日に増やす新しいフレーズを

1つか2つにすると、

習慣的に使えるようになりました。

 

また、

英語アニメや英語絵本出てきたフレーズだと

子どももそのフレーズが出てきたシーンを

思い出して聞くことができるので、

英語フレーズに対する

子どもの反応もいいです。


ごっこ遊びの延長で

英語が使えるようになります。

 

この一年で実際に

使いやすかった英語フレーズ

をご紹介します。

 

朝に使えるフレーズ

Good morning. (おはよう)

It’s time to wake up. (起きる時間だよ)

It’s time for breakfast. (朝ごはんの時間だよ)

Brush your teeth. (歯を磨こう)

Rinse your mouth. (口をすすごう)

Wash your face. (顔を洗おう)

Let’s get dressed. (着替えよう)

Take off your pajamas. (パジャマを脱ごう)

Put on your shirt. (シャツを着よう)

Put on your pants. (パンツをはこう)

 


読書の時に使えるフレーズ

Read a story. (本を読もう)

Which book do you like?  This one. (どっちの本がすき? こっち)

The first book is 絵本の題名. (始めの本は〇〇だよ)

The second book is 絵本の題名. (2つ目の本は〇〇だよ)

 


勉強の時に使えるフレーズ

Let’s get started. (始めよう)

Are you ready?  (準備はいい?)

Take out your pencil. (鉛筆を出してね)

Put away your pencil. (鉛筆をしまってね)

That’s all for today. (今日はこれでおしまい)

 


トイレに行く時に使えるフレーズ

Let’s go potty. (トイレに行こう)

Wipe your bottom. (お尻をふいてね)

Flush the potty. (水を流してね)

Wash your hands. (手を洗おう)

Dry your hands. (手を拭こう)

 


お風呂に行く時に使えるフレーズ

Take a bath. (お風呂に入ろう)

Wash your body. (体を洗おう)

Wash your hair. (髪を洗おう)

Let’s rince. (流そうね)

Dry your body. (体を拭こうね)

 


寝る時に使えるフレーズ

It’s time for bed. (寝る時間だよ)

Good night. (おやすみ)

I love you. (大好きだよ)

 


ほめる時に使えるフレーズ

Good job. (よくできたね)

Well done. (よくできたね)

You did it. (できたね)

I’m so proud of you. 

(あなたをほこりにおもうよ≒私もうれしい、よくがんばったね)
※特別なほめ言葉として使っています。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、
英語アニメや英語絵本でもよく出てくるので使っています。

 

日常生活で使えるフレーズ

Thank you. (ありがとう)

You’re welcome. (どういたしまして)

I’m sorry. (ごめんなさい)

No problem. (大丈夫だよ)

Put in 〇〇. (〇〇をいれて)

Take 〇〇. (〇〇をとって)

Bring 〇〇. (〇〇をもってきて)

Let’s 〇〇. (〇〇しよう)

Get on 〇〇. (〇〇に乗って)

Get off 〇〇.(〇〇を降りて)

 

 

英語で語りかけるときに気をつけていること

基本的に3語程度のフレーズを使っています。
3語程度だと親も子どももすぐに覚えられるので使いやすいです。

短い文で話すこと

を心掛けています。

 

疑問文については
what などの疑問詞を使った疑問文に
答えることは初めは難しいと思います。

 

そのため始めは、
Yes No で答える文章から使いました。

 

次にwhichを使った疑問文が簡単です。
指で指すだけでも答えられますし、
this one. だけで答えられます。

 

その次に簡単なのはwho、where、what です。

 

when は時間の感覚がしっかりついてからでいいと思っています。

 

how は文章で答える必要があるので難しいです。
ある程度の文章が話せる必要があります。

 

使いなれると便利な言葉

 

Put、take はin、out、on などの前置詞と
組み合わせるといろんな表現ができます。

 

初めは前置詞の使い分けが難しいですが、
慣れてしまうと便利です。

 

英語アニメ、英語絵本でも良く出てくる表現なので
使い慣れるとアニメや絵本も分かりやすくなります。

 


英語フレーズを日常で使うコツは3つあります。

 

①少しずつ使い始める。

②アニメや絵本で出てきたフレーズを使う。

③3語程度の短い文章のもの使う。

 

②のアニメや英語で出てきたフレーズを使うことで、

より親子で楽しんで英語に取り組めるようになりました。

 


英語で語りかけをしてからの娘の変化

 

初めは娘もyes、noぐらいの反応でしたが、
次第に短い文章で答えるようになりました。

 

その後、娘が英語で私に英語で質問をし始め、
少しずつ会話が英語だけで続くようになりました。

 

ときどき、英語の喃語(なんご)のような言葉を
ごにょごにょ独り言を言っている時もあります。

 

なにを話しているのと聞くと
英語で話しているんだよ。と答えていました。

 

娘の変化は少しずつなので、

初めの数カ月は意味があるのか不安

になりましたが、

だんだんと娘の変化が見えてからは、

自信を持って取り組めるようになりました。

 

 

英語絵本を読み聞かせする時のコツについては

こちらをご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

1年間の英語取り組み結果はこちらの記事をご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com